ロゴ
HOME>特集>何らかの理由で歯を失ってしまったらインプラント治療を受けよう

何らかの理由で歯を失ってしまったらインプラント治療を受けよう

院内

歯を失ったままにすると影響を及ぼす

虫歯などが悪化して歯を失ってしまった場合、通常であれば入れ歯を使用することになります。しかしそれが1本だけとか、奥歯の目立たない場所だった場合には「食事をするのに困らないから」「外から見えないから」等の理由で入れ歯を拒否してしまうこともあるのではないでしょうか。そうした場合どのようなことが起きるかというと、空間ができてしまったことで両隣の歯が傾いてきたり、噛み合わせの歯が伸びてきたりします。すると噛み合わせが悪くなり、顎関節症やその他の疾患を起こしてしまうことがあるのです。入れ歯を使いたくない人ならインプラント治療がおすすめです。名古屋駅近くの歯医者でも対応しているところがあるのでぜひ相談してみましょう。

インプラント

インプラント治療の利便性

名古屋駅の歯科で行うインプラントは、人工歯根を埋め込み、アバットメントという器具を介して人工の歯を取り付けるものです。着脱式の入れ歯と違い固定されるというのが大きな特徴です。入れ歯は外して洗浄するのが面倒という人もいるかもしれませんが、インプラントは通常の歯磨きでOKです。定期メンテナンスは必要ですが、歯の定期健診と同じようなものと考えればそれほど手間ではないでしょう。また、固定されているため入れ歯のようにずれてしまったり、使っているうちに合わなくなって不快感を覚えたりといった心配もありません。さらに入れ歯では見た目が気になることもありますが、インプラントは天然の歯そっくりに作られているので、見た目には使用しているとわからないのも大きなメリットといえるでしょう。