ロゴ
HOME>Review>後戻りを防ぐ!矯正歯科はアフターケアも大事になる

後戻りを防ぐ!矯正歯科はアフターケアも大事になる

歯

矯正歯科を利用して歯並びを改善することができても、アフターケアをしないと後戻りしてしまう可能性があります。そのため、矯正装置を外したら終わりということはないので注意しましょう。

クチコミ

矯正装置が外れたら終わりと思っていました

自分は生まれつき歯並びが悪くて歯の大きさもばらつきがあります。近くの江戸川区にある矯正歯科に相談に行ったらマウスピース矯正で治せるというので、その矯正治療で治すことにしました。歯列矯正の知識はゼロに親しかったので、矯正歯科で医師に説明を受けて初めて知ったことは沢山あります。その中のひとつが、矯正後の後戻りについてです。てっきりマウスピースを外したら終わりかと勘違いしていましたが違うんですね。マウスピースで治したあとも、その状態を保つために保定装置(リテーナー)を一定期間つける必要があるんです。だからマウスピース矯正の期間が一年、保定装置をつける期間が半年、完全に終わるまでに合計1年半ほどかかりました。
【30代/女性】

後戻り防止メニューを教えてもらえました!

江戸川区の矯正歯科でブラケット矯正をして、生まれつきのかみ合わせの悪さを矯正しました。かみ合わせが正常になった上にフェイスラインが綺麗になって本当にやってよかったです。ただ、せっかくブラケット矯正をしてかみ合わせを治しても、元に戻っては終わりです。だから、後戻りしないようにかなり気をつけています。後戻り防止のためにリテーナーはかかせません。リテーナーは食事と歯磨きのとき以外、基本的につけたままにしています。あと舌のポジションにも気をつけています。無意識のうちに舌で歯を内側から押してしまうと、せっかく矯正したのに動いてしまうそうです。だから舌を歯につけず、上あごの内側にくっつけて納めるように意識しています。
【20代/女性】